ウオノメは皮膚科で治せる?

ウオノメを治したい

ウオノメとは足の裏にできるタコのようなもので、その部分だけ皮が分厚くなったようになります。
特徴は歩くと痛みがあることです。
まるで足の裏に尖った小石が張り付いているように、歩くたびにウオノメの部分が痛みます。
歩くことは生活の基本ですから、これが困難になるとストレスも多くなり、早期治療を希望される方も多いです。
これは皮膚科で治せる症状となりますから、症状がひどいときは病院に相談するといいでしょう。

そもそもウオノメとは?

足の裏にできるウオノメですが、これは単にその部分だけピンポイントに皮が分厚くなっているだけでなく、足の内側に向かって尖った円すい状に角質層が変化しているのです。
これができたあとで歩くと、まさに尖った小石を踏み続けているようなものですから、鋭い痛みを感じることも多いです。
なぜこのようなウオノメができるのでしょうか?

原因となるのはその部分に刺激が加わり続けることです。
ヒールをはいている女性など、爪先に近い部分に強い刺激が加わり続けるため、その部分にウオノメができることもよくあります。
このほか、合わない靴を履いたり、立ち仕事をしたりしていると、やはり足の裏の特定の部分に刺激が加わり続け、やがてウオノメになることがあります。

ウオノメの治療

できてしまったウオノメはタコのように固いため、少し爪でひっかいたくらいでは取れません。
すでにできてしまったウオノメを治したいときは皮膚科を受診するといいです。
タコの治療などしている新宿の一般皮膚科などでウオノメの治療も行っています。
診断のために検査などは行われません。
医師が患部を直接見てウオノメかどうかを判断します。

ウオノメの特徴はその部分だけ皮が分厚くなっていることのほか、その中央に半透明の角質の塊があることです。
これがちょうど魚の目のように見えるため、ウオノメと呼ばれるのです。
このような状態が認められれば特に検査することはなくウオノメと診断されます。

病院での対応ですが、診断のために患部の表面を少し削られることがあります。
また、ウオノメの基本的な治療法はできた角質部分を削ることになりますから、場合によってはそのままそこを削るという治療になることもあります。
ただし、そのままでは削りにくいこともありますから、角質を柔らかくする薬のついた絆創膏のようなものを数日貼り、ウオノメを柔らかくしてから削ることもありますね。
皮膚科ではこのような治療ができるため、ウオノメに困ったときは相談してみるといいでしょう。