イボ治療っていくらくらいかかるの?

突然できてしまったイボ。
まさかのイボ出現に、ブルーになってしまいますね。
しかしイボは早めに治療することで、ひどくならずに済むことが多いのです。
イボを見つけたら迷わず、治療開始をすることをおすすめします。

イボ治療には保険がきく保険治療と、保険がきかない自由診療があります。
保険治療ですと、金額はそんなに負担なく治療することが出来ます。
しかし自由診療となりますと少し患者さんの負担が大きくなってしまいます。
出来る事なら保険治療でやりたいという方と、自由診療でも良いので治療方法を選びたいという方様々だと思いますので、ご自身の納得できる治療法を選ぶと良いでしょう。
またイボの治療は一度で完治することはないため何度か通わなくてはなりません。
そのため通いやすい場所であることも重要なポイントとなります。

割とアクセスの良い新宿を例に挙げて、イボ治療の費用を調べてみましょう。
保険診療でよく使われる治療は液体窒素による凍結治療です。
痛みを伴い1度の治療では完治はしません。
そのため完治するまで根気よく通院することになります。
料金は病院により多少の前後はございますが、1回1000円程度です。
またイボの治療は10個未満と10個以上で料金に差がある為、1回の治療は10個未満で行い治療費を安くしてくれるところが多いようです。

ヨクイニン内服治療。
こちらも大体1回の診療で1000円程度です。
内服でヨクイニンを服用します。

イボが大きい場合は切除手術。
保険適用での手術となります。
麻酔をしてイボを切除します。
手術自体は1日で終わりますがその後何度か通院することとなります。
手術は保険治療で大体1万円程度です。

レーザー治療。
保険適用外の治療となります。
メリットは液体窒素に比べ1度のレーザー処置でイボが消滅する場合がほとんどです。
費用は保険適用外のため割高ではありますが、時間がない方や痛みを出来るだけ軽く済ませたい方におすすめです。
1か所5000円程度の治療費ですが病院により変わります。

大まかな治療費をご紹介させていただきましたが、病院によって様々ですので、治療の前に費用について問い合わせることでしっかりとかかるお金を把握してから治療を開始できます。
保険適用の治療または保険適用外の治療で悩んだらまずはクリニックに相談してみると良いでしょう。
納得できる治療法を選んで、しっかりとイボを治療して再発しないように気を付けたいですね。