イボ取りの方法

イボ取りの方法ってどうやるの?

体にイボができるという症状もあり、実際にできてしまうとお悩みになることもあります。
そこだけが膨らんでいると他人の目が気になるという声もよく聞かれるのです。
できれば治したい症状となるでしょうから、このときは皮膚科を利用してみてください。
こちらではイボ取りもよくやっています。
どんな方法でこれを取るのか、いくつかご紹介しましょう。

液体窒素

超低温となる液体窒素を綿棒にしみこませ、それをイボに押し当てるという方法になります。
その温度のおかげでイボの組織が壊死し、正常な皮膚の再生を促すという方法になります。
イボ取りの方法としては真っ先にこれが選ばれることも多いですから、まずはこれを受けるつもりで皮膚科を受診するといいかもしれません。
知っておきたいポイントとしてこれはやや痛みのある方法となります。
麻酔が必要なほどの痛みではありませんが、心の準備をして受診するといいでしょう。
また、この治療は一度受けるとすぐイボ取りに成功するとは限りません。
1~2週間に一度といった頻度で繰り返す必要があります。
まずはこの方法となることが多いですから、しばらくは通院するつもりで受診するといいです。

スピール膏

魚の目の治療にもよく使われるものです。
サリチル酸という薬品がついている絆創膏のようなものをイボに貼り付けます。
これをつけていると固くなった角質なども柔らかくなります。
イボに対しても同じ効果があり、できたイボをはがれやすくします。

ヨクイニン

ハトムギから作られる漢方薬で、イボの治療に役立ちます。
あまり味のない薬となる上、副作用もそれほどないため、小さいお子さんにできたイボ取りの方法として選ばれることもあります。
イボがいくつもできていたり、治りにくかったりするときに使われることもあります。

手術

いくつもあるイボ取りの方法を試し、どれでも治らなかったときなど最後に手術となることもあります。
麻酔をした上でイボをメスで切除します。
直接イボを切り取るためにイボ取りの方法としては効果的ですが、体への負担が少しある点に注意が必要です。

実際のイボ取りの方法はどれになる?

ご紹介したもののほかにもイボ取りの方法はいくつかあるのですが、この中でどれになるかというと、それは医師の判断となるのですが、まずは液体窒素での治療となることが多いです。
多くの皮膚科で行われている基本的なイボ取りの方法となり、これで治る方もおられます。
これで治らなかったときに他の方法へ切り替わることも多いです。