イボの治し方

嫌なイボ。
イボは誰しもがかかってしまう恐れのある、ウイルス性のイボです。
イボは人に移ることもあるので、かかってしまったら、自然治癒はしませんので早めの治療がベストです。
そんなイボって治療は凄く激痛というウワサを聞いたなんて言う方も少なくないのではないでしょうか。
実はイボは治療に痛みを伴います。
もちろんイボのできた場所や大きさなどにもよりますが、一般的に行われる液体窒素の治療は、激痛と言っていいほどの痛みを伴ってしまいます。

イボの治し方は、いろいろな治療法があります。
それでは新宿のクリニックさんでお話を聞いてみましょう。
イボの治し方には、保険がきくものと保険がきかないものがあります。
まずは保険適用の中でも一番一般的な治療方法、イボ治療といえば大抵どこのクリニックでもこの治療法を行っております。

液体窒素凍結治療法。
イボを液体窒素で凍結させる治療方法です。
綿棒に液体窒素を付着させ、イボに直接つけます。
このとき、ジュっと焼けるような痛みがありますが、一瞬です。
またこの痛みは最初は激痛ですが、慣れてくると次第に平気になってくる人が多いです。
イボを凍結させて次第に小さくしていく治療方法です。
また治療後もヒリヒリとした痛みがあります。

スピール膏で治療をすることもございます。
スピール膏はイボを柔らかくしていき、皮膚の再生化でイボが表皮に押し出されてくるのを待つ治療法です。
痛みはございませんが、なかなかこの治療法のみで完治が難しいというのがデメリットです。

保険適用外の治療
レーザー治療。
レーザー治療は保険適用のものに比べて1回の治療で完治する可能性が高い治療法です。
イボをレーザーで焼き切ります。
液体窒素に比べて痛みが少なく、また麻酔をしてレーザーをする場合もございます。
レーザーの痛みはチクチクとした感じの痛みです。

イボ治療はとにかく根気が必要です。
治療を始めたら完治するまで治療を途中でやめないことが重要です。
ウイルス性のイボですので、広がらないように、セルフケアもしっかりとしましょう。

新宿のクリニックさんでイボの治し方についてお伺いしてみました。
どちらかというと保険適用外の治療の方が短い期間で治すことが出来るようですが、保険適用の治療よりはやはり費用がかさんでしまいます。
ご自身にとって一番都合の良い治療法を、医師と相談して最後まで完治を目指してイボ治療をしましょう。
イボはきれいに治りますよ。