できものの治療

できものができたら

体のどこかにできものができることもあります。
痛みやかゆみなど不快な症状がない場合も多いですが、その部位だけが膨れ上がっており、気持ち悪いと感じる方も少なくありません。
特に身だしなみや美容に気を使っている方など、早く治療したい症状となるでしょう。
このようなできものの治療は皮膚科でできる場合があります。
治したいと思うできものができたら一般皮膚科で一度相談してみるといいでしょう。

治療内容について

できものの治療がどうなるかは、まず医師が患部を確認し、どんな症状なのかを診断するところから始まります。
診断や症状によって治療内容も変わりますから、それに合わせて適切な治療が行われます。
できものとしてよくあるのはイボです。
痛みやかゆみのないできものがお肌にできる症状となり、一見すると健康に支障はないように見えますが、原因がウイルスとなり別の部位や他人にうつる症状となる場合があり、治療が推奨される場合があります。
もしそのできものがイボだと診断されれば、凍結療法が行われることが多いです。
これは液体窒素につけた綿棒を患部に押し当てるという治療になり、イボの組織を壊死させて正常なお肌の再生を促す療法となります。
イボの治療として最初に行われることが多いのはこの治療法です。

凍結療法は一度受ければすぐに治ることは少なく、何度か施術を繰り返さないといけません。
医師からは通院を指示されることがほとんどとなりますから、なるべく指示通りの間隔で病院に通ってください。
何度か凍結療法を繰り返すことでイボが治る可能性も高まりますが、実際に何回の治療で治るかは個人差も大きいため、医師と相談しながら根気よく治療を続けてください。
なお、イボの治療法はこれ以外にもあります。
凍結療法でそのイボが治らないときは別の治療法を検討してもらえる場合もありますから、別の治療法を希望するときは医師に相談してください。

そのできものがイボと思われるときはこのような治療法となりますが、もしそれがタコだった場合はどうでしょうか?
タコとは角質層が分厚くなる症状となり、その部分だけ皮が固くなって盛り上がる症状となります。
そのできものがタコと診断されれば、スピール膏という角質を柔らかくする絆創膏のようなものを使い、固くなっているタコを柔らかくしたうえで削るという治療になることが多いです。
魚の目の場合も同じような治療となることが多いですね。
このようにお肌に何かできものができた場合、皮膚科で診断と治療を受けられます。